読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴル滞在記

いろいろ書けるかな、と思っていたのに、想像以上に敷居が高く・・・

なんでやろ、気楽に書かれへん・・・

ブログって不思議。

 

さて、この夏、16日間をアルハンガイのゲルで過ごした。

そして、トンガーやガンバ達と涙涙のお別れをしてから、早くも丸一週間が経った。

・・・ウランバートルへ帰って来た日の夜は、疲れているはずなのに、なかなか寝付けなかった。

都会の夜空に天の川など見えるはずもないし、あの夜通し聞こえていた羊達の草を食む音も聞こえない。

なんとも寂しく切ない気持ちで、街灯に照らし出された隣のビルをずっと眺めていた。

あれから再び日常が始まって、あのアルハンガイで過ごした日々も思い出に変わっていくのか・・・、と思いきや。

 

今日の昼、食堂から部屋に戻る途中、背後から「ナオコー!」と呼ばれた。

振り返ると、チムゲさん。

「ナオコ、トンガーとガンバが来てるよ」

「え?どこに?」

「私の部屋」

えーーー!

 

急いで行ったら、本当にトンガーとガンバがいた。

なんでも歯医者さんに歯を見てもらうため、ウランバートルに出てきたとのこと。

あの涙の別れは何だったんだ・・・。

それならそうと、早く教えといてくれよ。

でも嬉しかったので、呼ばれてもないのに、今日は、二人の所に晩御飯を食べに行って来たのだった。