読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアのこと~アンコールワット

この夏、休暇を利用して、ミャンマーカンボジアへ行って来た。

その辺りのことを、思いつくまま、書いてみたい。

 

まずは、カンボジア

カンボジアは、ずっと私の憧れの国だった。

いったい、いつからだったんだろう。

カンボジアを旅していて、ふと、そんな疑問が浮かんだ。

 

昔々。小学校低学年くらいの私が、父と二人、本を覗き込んでいる。

父は本が好きな人で、いつも本を読んでいた。

幼い私は、本の何が面白いのか、気になって仕方がなかった。

だから、文字ばかりの本の中で、唯一、理解できそうな挿絵や写真を見つけては、「これは何?」と訊いて、邪魔ばかりしていた。

その時、私が指差したのは、水平に長い、古びた石の建物がどうにか見て取れる程度の、画像の荒い小さな写真だった。

父はそれはアンコールワットだと教えてくれた。

「何がすごいの?」

と訊くと、父は探検家がアンコールワットを発見した経緯を語り出した。

ずっと長い間、地元の人たちしか知らない幻の遺跡だったこと。

探検家が、地元の人に案内を頼んで、ジャングルの奥深く分け入って行くと、突然、視界が開けて、目の前にアンコールワットが現れたこと・・・。

 

ずっと、忘れていた。

トゥクトゥクに乗って、アンコールワットへ向かう途中、思い出した。

現在、アンコールワットの周囲はきちんと整備され、目的地までスムーズにたどり着くことができる。

トゥクトゥクならではの心地よい風に吹かれながら、かつての探検家がしたような体験も、ちょっと味わってみたかったな、と思った。

f:id:GoodPriceMarket:20160818093142j:plain

f:id:GoodPriceMarket:20160818093221j:plain