読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴル滞在記

ウランバートルに滞在中。見たこと、聞いたこと、思ったこと、いろいろ発信中。

『病者の祈り』

今日のウランバートルは、ひんやりとした一日になりました。

日曜日で夏休みが終わった会社や学校が多いらしく、道やバスに以前のような混雑っぷりが戻ってきました。

街はすっかり秋の気配です。

f:id:GoodPriceMarket:20160831200110j:plain

(市内の薬局にて)

 

 

さて、日曜日。これまでのことをいろいろと話させていただいていたとき、T先生に、

「賜物(才能)を求めたけれど、恵みを与えられた、って感じやね」

と言って頂きました。

その言葉で、私はある詩を思い出しました。

こちらです。

 

 

病者の祈り

~ニューヨーク・リハビリテーション研究所の壁に書かれた一患者の詩~

大事を成そうとして
力を与えてほしいと神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと
弱さを授かった

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
よりよきことができるようにと
病弱を与えられた

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして
権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった

人生を享楽しようと
あらゆるものを求めたのに
あらゆるものを喜べるようにと
生命を授かった

求めたものは一つとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた
神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りは
すべてかなえられた
私はあらゆる人々の中で
最も豊かに祝福されたのだ

病者の祈り

 

A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED   

http://home.interlink.or.jp/~suno/yoshi/poetry/p_suffered.htm

 

 

f:id:GoodPriceMarket:20160831204309j:plain

(子供達がくれたブーケ。よく見ると、手にハエが)