モンゴル漂流記

先日、母から電話がありました。

「体調崩したらしいけど、大丈夫なん?」

あれ、ブログを読んでくれてるのかな? 尋ねると、

「読んでるよ。〝モンゴル漂流記〟やろ」

漂流はしていない、そもそも、モンゴルに海はない、と言ったら、

「漂流みたいなもんやろ」

と、事実の方を捻じ曲げてきました。おそるべし。

 

昔、まだ若かりし頃。

軽い気持ちで母のことを書いた投書が、全国紙に掲載されたことがありました。

当時骨折して入院中だった母は、友人からの電話でそのことを知ったらしく、病室をのぞきに行ったら、そこには憤怒の形相の母が。

「あ、アカン」

と思った瞬間、

「あんた、ちょっとこっち来(き)ぃ」

有無を言わさぬ母の声。

逃げることも叶わず、そのまま、他の患者さん達もいる前で、延々と大激怒をくらったことがありました。

今となっては笑い話ですが、あのトラウマ的出来事によって、私は大いに反省し、お陰で大切な何かを身に沁みて学ぶことができました。

 

ブログに「体調を崩した」と書けば、心配して電話をかけてきてくれる親のありがたさ。

母が〝漂流記〟というなら、これは漂流記なのです。

お母さん、美味しいものいっぱい食べて、元気に過ごしてください。

正月には帰ります。

 

 

f:id:GoodPriceMarket:20160909152340j:plain

(たまに行く最寄の郵便局。ちなみにこの局、いつ行ってもお釣りの小銭がない。)