読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

今日の未明、突然、廊下が騒がしくなった。

誰かが英語で何か言っている。

耳を澄ましているうちに眠ってしまい、また、誰かの慌しい足音で目が覚めた。

そういうことが何度も繰り返されている内に、うつらうつらと、変な夢を見た。

だが、淡い雰囲気だけを残して、どんな内容の夢だったかは忘れてしまった。

 

しばらく経ってから、隣の部屋からドリルの音が響いてきて、何やら工事が始まったようだった。

水漏れか何かがあったらしかった。

そんなわけで、今日は、夕方近くまで、修理が行われていた。

 

今日は、ここの子どもの一人が誕生日だった。

嬉しくてたまらないらしく、何をするにも、体がはずんでいる。

 

夕方、PCに向かっていたら、部屋のドアがノックされた。

出ると、バースデーガールのその子が立っていた。

手に、スーパーで売っている、お菓子のロールケーキを持っている。

家で切ってきたのだろう、その切れ端を一つ、私に差し出して、

「今日、私の誕生日だから」

と、笑った。

受け取って、

「ありがとう」

と喜んで見せると、とびっきりの笑顔を残して、走っていった。

 

日本と違い、モンゴルでは、誕生日を迎えた本人が、周りの人に感謝を気持ちを表すそうだ。

とても素敵な風習だな、と思う。

f:id:GoodPriceMarket:20160919233401j:plain

(アルハンガイ 2016夏)