読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

龍角散

今日のウランバートルは、-28℃前後でした

こうなると、寒い!という言葉では表現できない、別の何かですね

 

さて、咳止め用に、日本から龍角散を持参しました

今日、話している最中、咳が出そうになり、「今だ!」と、失礼して、カバンから龍角散を取り出し、一匙すくって飲んだところ、飲み方が悪く、さらにむせてしまいました

龍角散って効くの?」

と聞かれ、

「上手に飲めば、効きますよ」

とむせながら答えたところ、

「そこにトマト味の飴があるけど、龍角散の方がいいよね」

とのことで、試しにトマト味の飴を頂戴したところ、咳は止まりました

そうだった、飴で咳は止まるのに、なぜ私はわざわざ、匙ですくって飲むしかないような龍角散を・・・!!!!

あまりの恥ずかしさに、もんどりうってのたうちまわりたい衝動にかられました

【第3類医薬品】龍角散 20g

【第3類医薬品】龍角散 20g

 

 

では今日も最後に感想を

 圧倒的映像美、というには、あまりに可愛らしすぎるシーンが途切れることなく続きます

どこをどう切り取っても、とにかく可愛らしい!

唯一可愛らしくないのは、女の子を除く、登場人物全員です

ストーリーとしては十分シュールなのですが、悲壮感の全くない、ユーモラスな作品に仕上がっています

もう今は、ムスタッファ氏の思い出の中にしか存在しない、グランド・ブタペスト・ホテルの往年の輝き

要所要所で登場する、あのお菓子とパッケージは、おそらく誰もが一度、実物を手にとって見てみたくなることでしょう