KBI前夜

皆様、ご無沙汰しております!

日本はただいま、桜が満開です

モンゴルから帰国し、早1ヶ月半

とうとう、次の行き先が決まりました

 

次の行き先は・・・

奈良県生駒市の山の上!

そう!

KBI(関西聖書学院)です!

えらいこっちゃ!!

この春からKBIの二年生に編入させていただくことになり、早速、今週の火曜日から、オリエンテーションや入学式準備に参加させていただいてきました

 

8年ぶりのKBIは、やっぱりちょっと変わっていました

今は、食事当番の連絡が、LINEで回ってくるんですねー

モンゴルに行く時に解約して以来、スマホを持っていない私は、皆さんのお世話になりっぱなし・・・

そして・・・自分があまりにも、何にも覚えていないのには驚かされました

どうか、周りの方々に迷惑をおかけすることだけはありませんように・・・(もう遅いかも・・・)

 

さて、来週火曜日は、いよいよ入学式です

今の正直な気持ちを書くと、もう、不安でいっぱいです

KBIは、主体性が重んじられる自由な校風で知られています

つまり、何を学ぶか、どう過ごすかは本人次第

ここに来て、自由が意味する責任の大きさを思って、身震いしています

とにかく、やれる限りやるしかない、腹をくくるしかない、と思っております

 

さて、振り返れば、これまで様々な出会いと別れがありました

時間は流れ続け、やがてかすかな胸の痛みを残して、すべては思い出に変わっていきます

8年の時を隔てて戻ったKBIも、当たり前ですが、昔と全く同じではありませんでした

そして今日、久しぶりに母教会のミーティングに参加させて頂き、改めて、2年という月日の長さを思わされました

T先生の膝元には可愛い息子さんが座っているし、高校生の頃から知っているSちゃんも、独特のふんわりした良さはそのままに、落ち着いたキレイな女性になっているし、S君も、以前のS君とは違います

そして、8年前、KBIから戻ると必ず私たちを出迎えてくれたYちゃんの姿はもうありません

Yちゃんは結婚され、フルタイムの奉仕から、パートタイムの奉仕へと変わられたのです

 

近頃、歳のせいか、流れ行く時間が、惜しくて惜しくてたまらない気分になることが、たまにあります

友達との何気ない会話も、実家で過ごす当たり前の日々も、もしも叶うなら、真空パックに閉じ込めて、永遠に留めておきたい

でも、時間は待ってはくれません

だからこそ、今、与えられている出会いを大切に、一瞬一瞬を生きる、そこに徹したいと思わされています

 

『私は裸で母の胎から出て来た。また裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。』(ヨブ記1:21)

 

 

(オマケ)

KBIで髪を振り乱してひた走る一週間を送った後、ある青年から買出しを頼まれ、ジュースを3本、4本、ということだったので、思わず、「1本1.5リットル、4本なら6キロだよ」と答えると、

ノアコ(仮)さんは、男だと思われたいんでしょ」

なんてこった・・・私もとうとう、ここまで・・・

明日の礼拝はちゃんとスカートで行こうと思います・・・