残暑お見舞い申し上げます

皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

長らくご無沙汰しておりました

ちょっと動いただけでTシャツが汗びっしょりになり、一歩外へ出ただけでジリジリと日焼けする日本の夏を、新鮮な感動とともに、体感させていただいております

 

■8月16日の思い出

さて、気が付けばもう8月も半ば

昨年の今頃はモンゴルで過ごしていたわけですが、8月のある日、ロシア人と中国人と韓国人とモンゴル人の友人たちと同じテーブルに着いていて、皆が、

「私の国では、今日はパレードだ」

「え?そうなの?私の国もだよ!」

「私も!」

というような会話が始まって、

「ナオコの国はどうなんだ」

と聞かれて、

「なんで、8月16日にパレードするんだよ。戦争に負けた日なのに」

と思い、(あ、そうか、そういうことか)と、改めて日本が敗戦国であることに気が付いたのでした。

私以外は、皆、戦勝国側だったわけです

世界には8月16日にお祝いする国もあるのだと思い至り、不思議な気持ちになりました

もし日本が戦勝国側だったら、別の国に原爆を落とれていたら、悲しみも苦しみを知らずに、パレードしていたのかなぁ、なんてことを思わされたのでした

そして、こういう考えは、痛みを知る側の発想だなぁ、とも・・・

いつかこの日が、互いに分かち合い、祈りあえる日になればいいな、と思われたのでした