最近の言葉より

ご無沙汰しております

だいぶ、季節は秋めいてきました

皆さま、いかがお過ごしですか?

 

最近、心に残った言葉のいくつかを書き残しておきます

 

ビジョンについて

・ビジョンとは、将来からの記憶

 

恐れについて

・恐れの反対は信仰

 

 

最近、読んだ本

悪魔の手紙 (C.S.ルイス宗教著作集1)

悪魔の手紙 (C.S.ルイス宗教著作集1)

 

私たちが恐怖するもの(CSルイス「悪魔の手紙」より)

1、現在の恐怖(例えば、戦争)

2、自分の恐れるもの(例えば、戦争によって体や心が負傷したり、死ぬこと

3、恐怖心そのもの(例えば、好ましくないと考えるもの)

4、恐怖の対象(戦争)

5、十字架

 

→ややこしいので、これらを、ネズミが苦手なドラえもんに例えてみました

1、ネズミがいるという状況

2、ネズミにかじられること

3、ネズミが怖いと感じる、心そのもの

4、ネズミそのもの

5、ネズミに対して死なねばならない自分自身の肉

 

恐怖は、人の心が恐怖の対象(例えば戦争や貧困など)から恐怖心そのものへと向かうなら、克服するのが容易になる

ドラえもんがネズミではなく、問題はネズミを怖いと思う心そのものにあると気づいたとき、ネズミ嫌いを克服できる

 

今、目の前にある現実の苦しみを甘受することは、たとえその苦しみが恐怖から生じている場合でも、はるかに容易で、たいてい神が直接介入される

 

 

寒くなってきました

皆さま、どうぞご自愛ください

f:id:GoodPriceMarket:20171026205742j:plain