読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンゴル滞在記

ウランバートルに滞在中。見たこと、聞いたこと、思ったこと、いろいろ発信中。

ラ・ラ・ランド

さて、帰国して早二週間が経ちました

人に会うたび、「会えるのは嬉しいけど、ブログ、結構楽しみにしてたのに・・・」と惜しまれるので、久々に何か書いてみることにしました

面倒くさいので、ブログタイトルそのままになってます

 

では、早速ですが、映画や本の感想など


「君の名は。」予告

 

上映期間終わりかけだったので、ガラガラの映画館で観てきました

星が流れる映像がとってもキレイでした

音楽もとってもよかった!

主人公の女の子が、お父さんを説得するシーン、すっぱりカットされてたけど、観てみたかったなぁ

あのギザギザハートのお父さんに対し、どんな言葉で説得したんだろうなぁ

主人公の男の子、もみあげの長さが、最後まで気になりました・・・

それにしても、ふらりと出向いて、人口過多な東京で、あんな風に探し人に出会えるもんなんだろうか・・・ファンタジー・・・

あと、「君の名は」って最後まで言いませんでしたね、「あなたの名前は」「君の名前は」って言ってましたね、どうでもいいですけど

 

 


「ドクター・ストレンジ」 最新映像

これも、上映期間が終わりかけで、映画館はガラガラでした

主人公の師匠の方、どっかで観たなぁと思ったら、ナルニアで女王役を演じてた女優さんでした

映画は面白くなかったけど、マントがストレンジの涙をぬぐってあげて、ストレンジにうっとうしがられるシーンは好きです

ダウンタウンマー君とおかんのコントを思い出しました

それにしても、主役の役者さんは、役柄によって顔つきまでガラッと変わりますね、本当にすごい

彼の普段の様子を動画で観たことがあるのですが、全然違う

その辺によくいるいい人って感じで、そら恐ろしいほど普通だった

別人かと思いました

ちなみに、モンゴルで出会ったロシア人の女の子も韓国人の女の子も、皆この人のファンでした

名優ですね~

 

 


「ラ・ラ・ランド」本予告

いやー、相手役の男性の役者さん、『スーサイドスクワット』でジョーカー役を演じてた役者さんだとばっかり思い込んで観てました

(なんて芸風の広い人だ!)としか思えなかったです

こんなに似てるのに・・・

別人だったなんて・・・

 

 


映画『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』予告編

そういや、仏教ってどんなんだっけ?と、TSUTAYAで手に取った作品

釈迦族の王子シッダールタが出家するまでが描かれるのですが、

それにしても・・・く、暗い!!!!

「人は死ぬ」「老いる苦しみ」「病の苦しみ」「別れる苦しみ」「人生は苦しみ」「人生はただ死ぬまで生きるだけ」って、何度も何度も、くどいほど畳み掛けてくる!

なんか、鬱になりそうでしたよ・・・

自由を夢見る奴隷少年が出てきて、最後は、どんな風に救われるんだろう、と思ってたら、

見事に救われずに死んでいきましたよ・・・マジか・・・

当たり前だけど、全然ハレルヤじゃなかった・・・当たり前だけど・・・

 

マンガで読む タイムマシンの話 (ブルーバックス)

マンガで読む タイムマシンの話 (ブルーバックス)

 

衝撃でした・・・

タイムマシンの研究をしていた主人公の父親が12年前に行方不明になったという伏線に対し、待っていたのは衝撃的ラスト

空を見上げながら、主人公は呟きます

「きっと、俺が想像したようなタイムマシンを巡る陰謀なんてものはなくて、父さんがいなくなったのは 俺と母さんより夢中になれる何か別のものがあったから・・・

なんだこのB級マンガ・・・納得いかん・・・

 

 

世界遺産の旅 (Green mook―地球紀行)

世界遺産の旅 (Green mook―地球紀行)

 

 あーどっか行きたいなーっていう、ただそれだけです

 

 

ではまた

f:id:GoodPriceMarket:20170306161316j:plain