朝の挨拶

脳がバグる、というつぶやきを読んで

近頃、教員として学校現場で働いている

毎朝、校門前に立って、登校してくる生徒ら一人一人に挨拶している

私には、昔から、個性際立つ方に渾名を進呈する癖がある

と、思っていたのだが、あまりにも個性豊かに登校してくる中学生達の天然な姿に、渾名は初日でネタ切れた

当たり障りのない例を挙げるなら、「サラリーマン」「野球部」「ウィーン少年合唱団」等等・・・

 

学校の制服はブレザーで、インナーのポロシャツに、長袖と半袖の二種類がある

まだ多少ぼんやりした頭で、校門前に立っていると、どうでもいい昔のことを思い出してしまう

かつて私は硬式庭球部に所属していた

公式戦で、襟付きのポロシャツを着用することになっていたため、練習でもポロシャツを着ることがあった

ある時、Tシャツもポロシャツも全部洗濯中という日があった

仕方なく、私は親の箪笥を物色した

運良くポロシャツが見つかり、持参

放課後、着替えてみて、初めてそのポロシャツが長袖であることを知った

が、あまり深く考えず、そのままジャージを羽織って、練習に参加した

しばらく体を動かし、暑くなってきたので、私は上に着ていたジャージを脱いだ

「ちょ、何それ!」「なんでなん!」「そんなん、あるん!」「隠すなや~!」

部員達の嘲笑に次ぐ嘲笑

中には涙を流して笑う者もいた

私は脱いだジャージを再び着た

そして、その日は、どんなに暑くても、決して上着を脱がなかった

 

朝、バグった頭で、登校してくる生徒達のポロシャツを見ていると、ついつい、当時のことを思い出して、笑ってしまいそうになる