異文化を説明するということ

学校で働いてみて思うこと

海外で教えていた、というのは、一つのステータス、になるらしい

学校説明に来られた私立高校の先生が、「うちには、面白い先生がたくさんいます。(スライドを見せながら)この先生は、カナダで日本語を教えていました」と言っているのを聞いたし、講演に来られた先生が、「僕はイギリスで日本語を教えていました」と自己紹介するのも聞いた

その度に、心の中で、「私はモンゴルで、日本語教えてたけどな」と思う

まぁ、英語圏じゃないから、意味ないな、と思う反面、希少価値は高いな、と思ったりもする

 

経歴を聞かれ、「モンゴル」と答えると、必ず、一度は聞き返される

それほど、日本とは縁遠い国なのだ

飛行機でたった4時間で行ける国にも関わらず

チンギス・ハーンという、史上最大の領土を支配した王がいたにも関わらず

モンゴロイドと人種分けされ、かつて私たちのお尻には蒙古斑があったにも関わらず

 

モンゴルについて、ほとんど知らない人が多い

というよりも、「発展途上国」について知らない人が多い

「水道の水が飲めない」

「日本に比べ、物価が安く、レートは変動しやすく、円よりはるかに弱い」

「おしゃれの感覚が違う」

「働くという感覚が違う」etc・・・

 

 

とにかく違いすぎるので、何も考えずに気楽に説明すると、ただ勘違いされて、異文化への溝を深めるだけで終わってしまう

私の話だけを聞いて、いちいち、矛盾を指摘してくる人もいる

頭がよすぎる人は、えてして視野が狭くなりがちなのかもしれない

 

 

国や文化を言葉で説明するのは難しい

空気のように、当たり前に根付いているから、文化なのだ

日本文化だって、やれ勤勉だとか、やれおもてなしだとか言うけれど、そうじゃないケースなんて、日本にいくらでもある

勤勉なのが日本文化なのではなく、人を勤勉へと向かわせる根本にある動機、勤勉が正しいと受け入れられ、推奨する人々の心、それが日本文化なのだと思う

文化には、多様な面があって、当たり前なのだ

それをある人は勝手に、よい悪いで判断しようとする

自分が育ってきた文化を、唯一無二だと信じ込んでいる人には、異文化は理解しきれないのしれない

でも、そういう人ほど、揺ぎ無く堂々と立っている

面白いなーと思う

朝の挨拶

脳がバグる、というつぶやきを読んで

近頃、教員として学校現場で働いている

毎朝、校門前に立って、登校してくる生徒ら一人一人に挨拶している

私には、昔から、個性際立つ方に渾名を進呈する癖がある

と、思っていたのだが、あまりにも個性豊かに登校してくる中学生達の天然な姿に、渾名は初日でネタ切れた

当たり障りのない例を挙げるなら、「サラリーマン」「野球部」「ウィーン少年合唱団」等等・・・

 

学校の制服はブレザーで、インナーのポロシャツに、長袖と半袖の二種類がある

まだ多少ぼんやりした頭で、校門前に立っていると、どうでもいい昔のことを思い出してしまう

かつて私は硬式庭球部に所属していた

公式戦で、襟付きのポロシャツを着用することになっていたため、練習でもポロシャツを着ることがあった

ある時、Tシャツもポロシャツも全部洗濯中という日があった

仕方なく、私は親の箪笥を物色した

運良くポロシャツが見つかり、持参

放課後、着替えてみて、初めてそのポロシャツが長袖であることを知った

が、あまり深く考えず、そのままジャージを羽織って、練習に参加した

しばらく体を動かし、暑くなってきたので、私は上に着ていたジャージを脱いだ

「ちょ、何それ!」「なんでなん!」「そんなん、あるん!」「隠すなや~!」

部員達の嘲笑に次ぐ嘲笑

中には涙を流して笑う者もいた

私は脱いだジャージを再び着た

そして、その日は、どんなに暑くても、決して上着を脱がなかった

 

朝、バグった頭で、登校してくる生徒達のポロシャツを見ていると、ついつい、当時のことを思い出して、笑ってしまいそうになる

異文化コミュニケーション

先月から、教員をしている

教員になろうという情熱など微塵もなかったのに、不思議な出会いに導かれ、今は毎日、現場にどっぷり漬かって、朝から晩まで、走り回っている

これまで学んできた文化は、先生方の教育に対する嵐のような情熱と意味不明なまでのプライドの高さと破壊力抜群の純粋さを前に、早くも瓦解

誰もが時間に追われて忙しくしている上、あくまで男女平等

お茶汲みは、そのものがない

たまに、講演会などで来られた客に対しては、冷蔵庫で冷やしておいたペットボトルをそのまま出す

電話は、その辺の人が取る

他校の先生からかかってきた電話に「お世話になっております」はなく、先生が電話を取って、「こちらこそお世話になっております」と答えている姿は、見たことがない

女性のおしゃれに関しては、すっぴんの先生が多く、服装もシンプルで、カラーは基本黒

髪型も、何もしていない方がほとんど

でも、皆、美人

育児と仕事の両立に奮闘しておられる方も多く、ピリッとした雰囲気を漂わせている

思ったことははっきりと口に出し、おそらく、天然の人はいない

そういうところは、美しくも逞しいモンゴル人女性を思わされる

一方、男性は、おそらく天然の人、多目

朝から晩まで、クラブ活動に明け暮れている方もおられ、奥様のご苦労が偲ばれる(←失礼)

彼らは情熱大陸で生きていて、たまに、同じ土俵に乗り切れず、相槌が「はぁ」で終始してしまうことがある

教員の労働時間が問題視されているが、今の学校で働いてみて感じているのは、誰もそのことを気にしていないということ

先生方にとって、仕事はもはや趣味らしい

 

校長先生は女性の方で、個性豊かな教員の面々がご自慢のようだ

モンゴル帰りで神学校上がりの私のことも、過分に面白がってくれ、「もっと自分を出して行き」と発破をかけられる

これまで社会経験を築いてきた、どの世界とも異なる一方で、私が十代の多感な時期を過ごしたあの頃とまるで変わらない景色が広がっている

 

 

悩んでいる子も、悩んでいなさそうな子も、ふとした瞬間に、私のファインダーに飛び込んできて、私の心の琴線に触れる

私には今年12歳になる姪がいるのだが、あの子が来年、中学生になると思うと、目の前にいる中学生たちの幼い日の姿が見えるような気がしてくる

まだ少し言葉足らずな表現や、そこから飛び出してくるみずみずしい感性

幼稚さはもうないけれど、決して大人とは呼べない、「中学生」という独特の存在

憎たらしいことを言っていても、彼らの未来を信じる純粋さに、胸を打たれる

私に何ができるのだろうか、と日々、葛藤している

大変で、疲れて寝落ちすることも、落ち込むことあるけれど、楽しんでいる

桜の季節と親友の話

f:id:GoodPriceMarket:20180401230533j:plain

f:id:GoodPriceMarket:20180401230428j:plain

f:id:GoodPriceMarket:20180401230458j:plain

満開の桜が目を楽しませてくれた一週間でした

 

最近、思っていることなどを書き残しておこうかと、気まぐれにPCに向かっております

 

さて、私には、若い頃、一日バイトで知り合って以来10数年、いまだに連絡を取り合う親友がいます

若い頃からの失敗談やネタが互いに蓄積され、彼女といると笑いが絶えません

そんな彼女には、私のどんな失敗談も、

「あー、ノアコ(仮)さん、またやってる。いつも通りやん」

ということになるようです

 

ちなみに、絶対に笑うネタが何本かあるのですが、一部をご紹介すると、「旅行から帰宅途中、先に下車したノアコ(仮)だったが、眼鏡をかけていなかったため、電車が発車するまでの間、結構長い間、違う団体に手を振り続けていた」話や、「突然、何を思ったか、血迷ったノアコ(仮)が市民劇団に入団し、誘われるまま公演を見に行くと、最後の最後に、本筋とは何の関係もない太極拳のトレーナー役で、ちょろっと出て来た。それも、聞いていたのと反対の方向から出て来た」「仕事帰りに待ち合わせしたところ、ノアコ(仮)のパンストに激しく電線が走っていたので教えてあげたら、『うん、知ってる』という、まさかの返事をよこした」など、いろいろあります

 

 

 

さて、そんなこんなで、出会って以来、「変わらへんなぁ」と言われ続けてきた私ですが、今回、一年ぶりに会って、桜を眺めながら、彼女は最後にこう言ってくれました

「ノアコ(仮)さん、変わったね。前は、自分のこと、そんな風に話さなかったよ。自分のこと、『弱い』なんて、絶対に言わなかった。わたしはすごく嬉しい。ノアコ(仮)さんを見てたら、導いてくれる大きな存在ってあるのかもって気がしてくる」

彼女があんまり「嬉しい、嬉しい」と喜んでくれるので、

「まぁ、最終的に60歳くらいで、素直な私になるんじゃない」と言ったら、

「そうやって、いつも話を曲げるのは、ノアコ(仮)さんの悪い癖だ」とのことでした

 

 

2年前、モンゴルへ行くことが決まったとき、ワクワクして、自分のことしか考えていませんでした

ずっと願ってきたことだったので、扉が開いた瞬間、鉄砲玉みたいに飛び出していきました

現地でも異文化が楽しくて、カメラ片手に毎日、走り回っていました

「楽しい!楽しい!」

と言ってるときも、

「モンゴルには、日本にないものがいっぱいあるんだよ!」

と言ってるときも、

私のことを思ってくれていた友がいた、ということを思わされました

 

 

 

先日、教会で、あるご婦人が、こう話しておられました

「娘が退職するとき、母親の自分の一存で、在職中から次の働き口を決めさせてしまったけれど、今思えば、焦らさず、ゆっくりと祈り求める時間も与えてあげたらよかったかなぁ、と、思うねん」

 

 

 

上手な言葉は思いつかないけれど、ただ、すべてのことを感謝して、今を大切に生きたいな、と思わされています

告別式を終えて

Mさんが天国へ召されてから、まだたった二日しか経っていないのに、前夜式、告別式を終え、早々と日常が戻ってこようとしています

たった二日前、Mさんに「ありがとう」と言ってもらったのに、Mさんは今はもうこの地上のどこにもおられません

 

多くの方に愛されたMさんでしたが、召されたのが、あまりにも急だったため、病室でお見送りできたのは、わずかでした

多くの方が、あと一歩というところで、間に合いませんでした

 

私はMさんに感謝の御礼を伝えることができたけれど、でも、本当はもっともっと伝えたかった人がいたんじゃないか、と考えていたら、Yちゃんが「皆の代表で、御礼を言ってくれてありがとう」と言ってくれました

 

たまたまその場所にいたのが、こんな不愛想で人見知りで恥ずかしがり屋の私で、にも関わらず、そんな私が、必死になって感謝をお伝えした、その想像を絶する低い確率に、こんな私をも気にかけてくださったMさんの心の広さが偲ばれます

 

Mさんの国籍を問わないたくさんの娘の代表として、Mさんに御礼を伝えることができたこと、今、心から主に感謝しています

 

f:id:GoodPriceMarket:20180318004759j:plain

明日、前夜式

今日、悲しいことがありました

M兄(74歳)が天国へ召されました

数年前、糖尿病から片足を切断せざるを得なくなり、その後、ガンを発病、ずっと戦ってこられました

今はようやく、天国のイエス様の御元で過ごされていることと思います

 

思い起こせば、Mさんとの出会いは、13年前になります

教会へなんとなく通いはじめた頃、なかなか聖書を買えずにいた私に、Mさんは、

「なんか欲しいものは、ないか?」

と声をかけてくださいました

とっさに「聖書!聖書がほしいんです」と答えると、Mさんはちょっと驚いた顔をしながら、すぐに

「よっしゃ、今すぐ買いにいこ!」

とすぐその足で、教会の中に常設されている書店へ行き、小型の新改訳聖書を買ってくれました

 

それからも、いつも会うたびに、

「食事行こう!何食べたい?食べたいもん言い。おいしいもん食べさせたるで」

と声をかけてくださって、よく友人たちと一緒に、ご馳走していただきました

 

8年前、家族の反対を押し切って神学校へ入学する道を選んだ私は、大量の荷物をどうやって学校まで運ぼうか思案にくれていたところ、Mさんが、その役を買って出てくれました

Mさんが私の自宅へ迎えに来てくださって、布団やらスーツケースやらを車に運び込んでくれていると、一か月ほど前から一言も口をきいてくれなかった母が、家の奥から飛び出してきて、

「本当にすみません、この子をどうかよろしくお願いします」

と、泣きながら、Mさんに何度も何度も頭を下げました

その後、車を運転しながら、Mさんは

「ええお母さんやないか」

と、涙目になっておられました

 

それからも、Mさんは「お母ちゃんはどないしてんや」と、まだ救われていない母のことを、いつも気遣ってくれました

 

 

思い起こせばキリがないくらい、たくさんの思い出を頂きました

 

 

今日、Mさんの容体が危ないと聞いた時、私はたまたま教会にいました

教会の人たちが病院に駆けつける車に、私も同乗させてもらうことができました

病院に着いた時、Mさんはまだ意識もはっきりしておられて、私たちが駆け寄って手を握りしめると、はっきりした声で、

「ありがとう」

と言ってくれました

Mさんの娘さんのAちゃんが、あちこちに電話をかけながら、Mさんの汗をふいたりして、甲斐甲斐しくお世話されていました

Mさんの親友である、お隣の教会の牧師先生と奥様が来られて、奥様が、「Mさん、もうすぐ春ですよ」と言いながら、Mさんに聖歌『原に若草が』を歌い出され、私たちも一緒に賛美しました

その後、どんどん容体が悪化していき、病室にはモニターが運び込まれました

若い看護師さんは、モニターの処置が終えた後も、

「ついこないだ、私が旅行に行ってきた話を聞いてくれてたのに」

と、涙目になりながら、Mさんの手をしばらく、握っておられました

Mさんの御友人だという、韓国人の牧師先生が駆けつけて来られ、「祈ってもよろしいでしょうか」と、Mさんのために祈ってくださり、祈り終わると、それまで苦しそうに息をしていたMさんの様子が落ち着きました

やがて、モニターのてっぺんにある、危険状態を知らせるランプが、消えなくなりました

 

私はどうしても、Mさんに御礼が言いたくて、Mさんに駆け寄って手を握り、

「Mさん、Mさん、本当にありがとうございました。Mさん、私に聖書買ってくれて、ありがとうござました。KBIへ行くとき、荷物運んでくれて、ありがとうございました。韓国旅行も、一緒に行けて、感謝でした。いつも、私のお母さんのこと、気にかけてくれて、ありがとうございました。Mさん、また会いましょうね」

その後、大泣きに泣きました

Aちゃんが、反対側の手を握りながら、

「お父さんは、娘がいっぱいいるね」

と、優しく話しかけていました

 

気が付くと、お医者様が来られていて、

「4時33分 お亡くなりになりました」

と、告げておられました

病室が嗚咽で包まれました

廊下へ出て、心を静めていると、先ほどまでてきぱきと処置しておられた一人の看護師さんが、私をじっと見つめているので、軽く会釈すると、看護師さんは少しためらいながら、

「すごくいい方でした。様子を見に、カーテンを少し開けて、中を覗くと、笑って手を振ってくれました。いつも励ましてくれました」

と言って、泣いておられました

「そうですね、そういう方でした。私もいつも励ましてもらいました」

と、答えながら、Mさんは本当にすごいクリスチャンだったんだ、と改めて思われました

 

 

今年の1月、新年聖会で、Mさんは素晴らしい証をされました

後で聞いたら、お医者様からは絶対に無理だと言われていたそうです

でも、Mさんは信仰によって成し遂げられました

本当に素晴らしい証でした

 

 

昨年の11月、教会のバンクエットでも、Mさんは証をしておられました

証の中で、Mさんは、何度も何度も、

「教会はいいところです。皆さん、教会へ来てください」

と、おっしゃっていました

その姿が、今も目に焼き付いています

 

 

明日は前夜式です

いよいよ明日は卒業派遣式

皆さま、ご無沙汰しております

数か月以上、ブログを放置して、いったい何をしていたのか、と言いますと…

 

神学生ライフをエンジョイしておりました

この年になって、もう一度、学生生活を送れるなんて、夢のようでした!

クラスの皆、本当にありがとう!

 

 

f:id:GoodPriceMarket:20180307190017j:plain

(クラス別祈祷会にて。日の出とともに)